黒ずみができる2つの原因とは?

黒ずみができる原因

女性にとって美しく透明感のある肌というのは永遠の憧れです。
しかし、肌を美しく保つというのはとても難しいこと。
現実は多くの女性が何かしらのお肌の悩みを抱えています。

乾燥肌やぶつぶつのサメ肌・弾力を失った肌・それぞれに辛いですが、一度出来るとなかなか治らず、大きな悩みとなってしまうのがお肌の黒ずみです。

お肌の乾燥などは加齢や乾燥などある程度自分でわかるものが多いですが、黒ずみの場合はなぜできたのか自分で原因がわからず、困っている方が多いです。

まずはお肌の黒ずみが起きる原因を知ることが大切です。
今回はお肌の黒ずみの原因についてお話しましょう。

お肌の黒ずみの原因は大きく分けて2つ

お肌の黒ずみは人によっては1か所だけではなく、体のあらゆる部位にできてしまう方もいます。
文字のように修正液や消しゴムで消せるとよいのですが、お肌の黒ずみを瞬間に消し、なかったものにすることはできません。

この怖いお肌の黒ずみの原因は1つだけではなく、様々な理由が考えられますが、大きく分けると体の外側の原因からなる黒ずみと、体の内側からの原因による黒ずみとの2つに分けられます。

体の外側からの原因による黒ずみ

  • 紫外線対策不足・日焼けによるもの
  • 衣服・下着などの接触やかみそりなどのこすれ・摩擦によるもの
  • ニキビ跡のケア不足によるもの
  • 角質がたまった汚れによるもの
  • 肌荒れや乾燥などによるかゆみで繰り返し掻くことによるもの
  • デオドラント剤などの刺激によるもの

体の内側からの原因による黒ずみ

  • ストレスが原因によるもの
  • 不規則な生活や偏った生活習慣によるもの
  • 偏った食生活、栄養バランスの乱れによるもの
  • 疲労・病気によるもの
  • 睡眠不足によるよるもの

いかがですか?チェックしてみて思い当たるものがあり、ドキッとした方は多いのではないでしょうか。
お肌の黒ずみというのは突然できるものではなく、ちゃんと原因があり、段階を経てできたものだったのです。

今まで無意識に行っていたことが黒ずみの原因となっていた・・ショックだとは思いますが、原因がわかれば反省ができ、自分の日々の生活を見直す良い機会となります。

黒ずみもこれ以上ひどくなることはありません。
きちんとケアをしていこうという決心もつきます。

まとめ

お肌の黒ずみと言っても、人によって原因が違い、できる場所も違うというのがお分かりいただけたと思います。
一度できてしまった黒ずみはすぐには綺麗になりません。

普段は見えない場所だからいいやと放っておき、気がついたら悪化していて水着や露出の高い服が着れなくなってしまったという方も
出来てしまうまでにかかった時間以上に根気と努力が必要となります。

日頃の生活習慣の見直し・食生活の改善・できた場所によるきちんとしたケアが大切となってきますので、まずは焦らず、無理なく徐々に改善していく心構えを持ちましょう。